ONLINE STORE mag style

MENU

areyouready_magL

この度は、ご結婚おめでとうございます!
こうしてこのページをご覧になっているということで、結婚式の準備もさぞ大変かと思いますが、自分たちらしい結婚式となるように、引出物選びのお手伝いができれば幸いです。

地域によって違いはありますが、ゲストにお渡しするものは引出物+1,000~1,500円程度の引菓子(鰹節などの食品類の場合も)が主流となっています。いったいどんなものが人気で、みなさんがいくらくらいを相場にしているのかご紹介したいと思います。

引出物の相場って?

最近増えてきているのは、引出物をカタログにして引菓子をお付けするパターンですが、それでも味気ない…なんて考えている方はグラスやお皿などの食器類を贈る場合が多いようです。品数を奇数となるようにするなど、しきたりを重んじる場合もありますので、お招きするゲストに配慮した引出物選びを両家で相談の上、進めていきましょう。

そして肝心の予算ですが、お友達で4,000円、上司や目上の親族で5,000~7,000円程度が相場となっているようです。
ただし、地域によって異なり、会費制の結婚式をあげる北海道では2,000~3,000円が主流。また、北陸や四国地方では5品以上を贈る地域もありますので、これらの地域では7,000~10,000円まで平均額があがってきます。

食器選びのポイント

カタログギフトの人気もさることながら、まだまだ食器を選ぶ方が多く、その時のポイントとして大きく3つあげられます。

「実用的なものであること」
「ブランド品や高級感のあるもの」
「自分たちのセンスが伝わるもの」

実用的なものというポイントは譲れないかと思いますが、ブランドものでは予算も限られますので、贈る方、年齢、関係性にあわせて贈り分けをするのがオススメです。
親戚でお祝いを多く包んでいただけそうな方には、高級感のあるものを贈るようにして、友達には自分たちの趣味にあわせたブランドをセレクトしてみましょう。

※大口のご注文を承っております。
カート内で希望の数量を入れて売り切れてしまう場合は、大変恐れ入りますが商品ページの「商品についてのお問い合わせ」にて希望の数量やご希望の納期などをご連絡下さいませ。

引出物セレクト